機動戦士ガンダム Twilight AXIS【第12回】

← 前作品ページ次 →


第六章「サザビー」2

 やがて一年戦争が終結し、シャアがクワトロと名を変えてエゥーゴへ渡ることになった時、アルレットは迷わず一緒にいくことを選択した。

「ダントンは――どうするの?」

 そんなアルレットの問いに、ダントンは例によって不機嫌そうな声で応えたものだ。

「俺がいなかったら、誰がお前の調整した機体をテストすんだよ」

 すでに、アルレットの隣は彼の居場所となっていた。
 そして、その関係は、このアクシズが崩壊しシャアが消息不明となるその時まで、一度も変わることはなかった。
 あの日。
 出撃の間際、シャアはダントンの肩に手を置いて一言、こう言った。

「アルレットを守れ――」

× × ×

「……っ!」

 機体を震わせる衝撃が、ダントンを現実へと引き戻した。
 イゾルデの右腕のクローが、R・ジャジャの左肩のバリアブル・シールドをガッチリと捉えている。

「くっ……」
「捕まえたぜ、白いの!」

 ヴァルターが吼える。
 イゾルデの左腕の砲口が、R・ジャジャに向けられる。
 この至近距離でメガ粒子砲の直撃を受ければ、コクピットのダントンは一瞬で塵と化すだろう。

「クソがっ!」

 咄嗟の判断で、ビーム・ライフルを突き出すダントン。
 R・ジャジャのビーム・ライフルは、先端に小型のビーム・サーベルが取り付けられた銃剣型となっている。
 出力はあまり大きくないが、至近距離で狙えば――

「!」

 察知したヴァルターが、メガ粒子砲のトリガーを押し込む。
 灼熱のメガ粒子が迸る瞬間、R・ジャジャのサーベルがその砲口を切り裂いた。
 暴発した粒子は狙いを外し、イゾルデが掴んでいたR・ジャジャのバリアブル・シールドを吹き飛ばす。

「があああああっ!」

 戒めから解放されたR・ジャジャは、そのまま左腕で腰のビーム・サーベルを抜き放ち、逆手でイゾルデへと斬りかかる。

「野郎っ!」

 背部のスラスターを全開にしたイゾルデが、R・ジャジャから距離をとる。

「…………」
「…………」

 互いに片腕のメガ粒子砲とバリアブル・シールドを失った二機は、再びそれぞれの武器を構えて対峙した。

「なるほどな……兄貴が手こずっただけのことはある」

 イゾルデのコクピットで、ヴァルターが楽しげに喉を鳴らす。

「こんなところで、てめえみたいな野郎と戦えるとはな! 嬉しいぜ!」

 一方で、ダントンは相反する二つの感情に戸惑っていた。
 誰かと争うのは、やはり気分のいいものではない。
 しかしその一方で、存分にMSを操り、その機体性能を限界まで引き出すことに、確かに心地よさを感じてもいた。

「矛盾、だな……」

 思わず苦笑し、誰に言うでもなく一人呟く。
 そう、矛盾。
 戦いを嫌う自分と、兵器であるMSを愛する自分。
 同様に、シャアのことは今も好きにはなれないが、自分に居場所を与えてくれた彼に恩義を感じてもいる。

「矛盾だらけだ――俺は」

 ダントンの胸の奥に、シャアの最後の言葉が蘇る。

「アルレットを、守れ――」

 なんで、俺なんだ……?
 テストパイロットでしかない俺に……
 大佐は……シャアは、何を思ってあんなことを――
 漆黒の宇宙に閃く幾条の光をくぐり抜けながら、ダントンは自らの胸に問い続けていた。

× × ×

 そして――。
 プチMSでアクシズ外壁を進んでいたアルレットは、やがて眼前の岩壁にキラリと光るものを発見した。

「……!」

 高鳴る鼓動を押さえられず、アルレットは足早に光へと近づいていく。
 いくつかの岩塊を越えた時、不意に視界が開けた。

「あった――」

 アルレットの視線の先に、紅く巨大な塊が横たわっている。
 その巨体は大小さまざまな傷で覆われ、投げ出された四肢にはもう何の力も宿ってはいない。
 かつてネオ・ジオンの旗印として戦ったシャア・アズナブルの現し身、MSN―04 サザビー……。
 役目を終えた巨人は、ただ静かにその身を横たえていた。

「サザビー……」

 プチMSから降り立ち、アルレットは一歩、また一歩とサザビーへ歩み寄っていく。
 光を失ったモノアイの下、頭部ハッチが大きく口を開け、その奥には暗闇が広がっていた。
 そこに収められていたコクピットブロックはすでにない。
 ノーマルスーツのライトで照らすと、穴の奥には剥き出しのフレームが鈍く光っていた。
 機体のすぐ近くまで行き、その表面をそっと指でなぞるアルレット。

「私……帰ってきましたよ、大佐――」

 呟いたアルレットの声は、あっという間に闇に溶けて消える。
 その声に応える者は、もうここにはなかった。
 しばし、ぎゅっと瞳を閉じる。
 ここに何もないことは分かっていた。
 シャアの乗ったコクピットブロックは、νガンダムと共に落下するアクシズを支え、そのまま帰らなかったのだから。
 だが、それでも――
 歩みを進めたアルレットは、そのまま中へと潜り込んでいく。
 ひしゃげたフレームに覆われた頭部内は、破損したパーツの欠片がそこら中に散らばっていた。
 νガンダムとサザビーの戦いは、最後にはお互いのマニピュレーターをぶつけ合う殴り合いになっていたという。
 中がここまで酷い有様になるのも無理はない。
 むしろ、よく脱出装置が正常に働いたものだ。
 アルレットは身をかがめ、足下に転がっていた小さな欠片を拾い上げた。
 特徴的な輝きを放つそれは、サイコ・フレームの欠片に間違いない。
 持ち帰ったらメーメットは飛び上がって喜ぶことだろう。
 だが、アルレットの目的はそれではない。
 足下に散らばる残骸を縫うように歩を進め、アルレットは頭部の一番奥へと辿り着いた。
 そこには、コクピットブロックとサザビー本体を接続していたジョイント部が剥き出しになっている。
 アルレットはノーマルスーツから自分用の端末を取り出し、そのジョイントへと接続した。
 MSの機体データは本来、機密保持のため、脱出ポッドを兼ねた
 コクピットブロックのメインコンピューターに集約されている。
 本体側のサブコンピューターに、何らかのデータが残っている可能性は低い。
 だが、それでも――
 少しでも、シャアに関する何かが残っているのなら。
 あの時、彼が何を考え、何を思っていたのか、少しでも窺うことができるのなら。
 アルレットは、それを知りたかった。

「そのために――私は、ここへ来たんだ」

 祈るように、アルレットはサザビーへとアクセスを開始する。
 あの日、この手からこぼれ落ちた過去を見つけるために――。

――第七章へ続く――


ストーリー構成・挿絵:Ark Performance
著者:中村浩二郎


次回8月17日頃更新予定


← 前作品ページ次 →


©創通・サンライズ


関連記事

関連作品

カテゴリ