機動戦士ガンダム Twilight AXIS【第18回】

← 前作品ページ次 →


第九章「遺されし者達」2

「くっ!」

 R・ジャジャのモノアイが眩しい光を放った。
 振りかざされたサーベルが一閃する。
 アハヴァ・アジールへと降り注ぐ無数のミサイルを、R・ジャジャのサーベルが薙ぎ払っていく。
 神業の剣捌きでミサイルを斬り捨てながら、ダントンは過去の記憶に思いを馳せていた。
 シャア・アズナブル――。
 あの『赤い彗星』が、俺達の中に家族を見ていた――だと?
 今となっては、彼が本当にそんなことを考えていたのかは誰にもわからない。
 ダントンの、自分勝手な感傷にすぎないのかもしれない。
 でも、もしほんの少し、心の片隅でも、彼がそう思っていたのなら――。

「だったら、俺達はまだ死ぬわけにはいかない」

 俺達二人が生き続けること、それが彼の望んだことならば――。
 一閃。
 最後のミサイルを両断し、ダントンは背後の相棒に叫ぶ。

「撃て! アルレット!!」

× × ×

「う……ああああああああああああぁっ!」

 アルレットの絶叫に応えるかのように、アハヴァ・アジールのテールに搭載されたファンネルが次々と展開していく。
 サイコミュ。
 精神感応兵器。
 かつてフラナガン研究所で、彼女はそれを一度も起動することができなかった。
 以来、彼女はパイロットとしての適正は無しと判断され、処分を待つだけの身だった。
 シャア・アズナブルに救われるまでは――。

× × ×

 赤いMAの前面に陣取った無数のファンネルが、次々とトリスタンへと襲いかかる。

「喰らうかよッ!」

 叫びながらコントロールレバーを押し込むクァンタンだったが、アルレットの一手の方がわずかに早かった。

「……ッ!」

 周囲を取り囲んだファンネルから、無数のビームがトリスタンへと降り注ぐ。
 刹那の後、その巨体の弾け飛ぶ眩しい閃光が、アクシズの表面を赤く照らした――。

× × ×

「……っ」

 アハヴァ・アジールのコックピットで、力尽きたアルレットがシートに倒れ込む。
 サイコフレームの光は消え、コックピット内は再び静寂に包まれている。

「私……ファンネルを……」

 小さく震える掌を見つめ、アルレットは呟く。
 一瞬だけではあったが、確かにサイコミュは起動した。
 それは、ほんの小さな欠片が引き起こした奇跡だったのか……
 しばし呆然としていたアルレットだったが……その眼前のモニターに映し出された影に、ハッと緊張を取り戻した。

「!?」

× × ×

 爆炎の中から、一体の機影がゆらりと姿を現す。
 それはクァンタンの乗るトリスタン本体だった。
 ファンネルの攻撃を受ける寸前、全弾を撃ち尽くしてデッドウェイトとなったアームドベース、クレヴェナールをパージしたのだ。
 不敵な笑みを浮かべ、眼前に浮かぶ敵を見据えるクァンタン。

「言ったろ……『喰らうかよ』ってよ」

 だが、そのトリスタン本体もすでに限界が近い。
 スラスターの噴射光は今にも消え入りそうに弱々しく、限界を超えた駆動に痛めつけられた各所の関節は、パチパチと火花を散らしている。

「さあ、来いよ……決着を付けようぜ」

 巨大な赤いMAを守るように立ち塞がる白い騎士型のMSに、クァンタンはニヤリと笑いかけた。

× × ×

 ダントンもまた、ボロボロの機体を無理に動かし、前に出る。
 スピーカーからアルレットの力のない声が漏れる。

「ダン…トン……」
「休んでろ。ここからは俺の仕事だ」

 微笑んで通信を切る。

「これが―最後だ」

 モニターの中、ビーム・サーベルを抜いて接近してくるガンダムタイプを見据え、ダントンは小さく呟いた。

「人を殺すのは、もうこれが最後だ……」

 俺は、アルレットを連れて帰らなきゃいけないからな……
 サーベルを構えるダントンの眼には、もう迷いの色はない。
 ゆっくりと武器を構えつつ、対峙する二機のMS。

「――ごめんな、アルレット――」

 振り上げられた刃が、互いの頭上に振り下ろされようとしたその時――。

「……待ちなよ」
「!?」
「!」

 二機の間に割って入る機影。
 それは――

× × ×

「ヴァルター……」

 モニターに映る弟の機体に、クァンタンは小さく声を漏らした。
 バイアラン・イゾルデもまた、トリスタンやR・ジャジャと同じように激しく傷ついている。
 スピーカーから響くノイズ交じりの声。

「時間切れだ、兄貴」
「バッ……」

 馬鹿を言うな、と怒鳴りそうになるクァンタンだったが、寸前でその言葉を呑み込んだ。

「もう艦に戻らないと、このままアクシズと一緒に、死ぬまで宇宙を漂う羽目になるぜ」
「……そいつは御免被りたいな」

 トリスタンの振りかざしていたビーム・サーベルの光の刃が、静かに消失する。
 同時に、目前のR・ジャジャが剣を収めるのが確認できた。

「命あっての物種……か」

 ククッ、とクァンタンが自嘲気味に笑う。
 まさか、あの弟が俺の戦いを止めにくるとはな。

「お前も見たのか。あれ」
「……まあな」

 スピーカーから聞こえてくるヴァルターの声はあくまで穏やかだ。

「同じだったんだな。あいつらも――」
「……らしいな」

 こんな風になってしまっては、さすがにもう戦えない。
 戦場で、敵に共感してしまっては――。
 クァンタンは、いつか資料映像で見たアクシズの最期を思い出す。
 ほんの数分前まで殺し合っていたはずの連邦とネオ・ジオンの兵達が、落下するアクシズの軌道を変えるために協力しあう光景。
 かつては理解不能に思えたあの姿も、今ならなんとなく理解できそうな気がした。

× × ×

 ガンダムタイプを支えるようにして、飛び去っていくバイアラン。その背中を、ダントンとアルレットは複雑な感情で見送っていた。

「……なあ、アルレット」
「……うん」
「なんであいつ、止めにきたんだろうな」
「そうだね……」

 バイアランの操縦系が回復したのなら、二人がかりでダントンを攻撃する選択肢もあったはずだ。
 ファンネルを失ったアルレットはもう戦力にはならないから、そうなっていてはダントンも保たなかったろう。
 もっとも、その場合はダントンもどちらか片方は道連れにする覚悟でいたが――。

「でも、よかった。ダントンが生きててくれて」
「もうちょっとで死ぬとこだったがな」
「それに――」

 呟くようにアルレットが続ける。

「ダントンが、誰も殺さずにすんで」
「――アルレット……」

 そう言われて初めて、ダントンはトリガーに指をかけたままの自分に気づいた。

「……そう…だな」

 ダントンは静かにレバーから離した掌を見つめる。
 そうだ。
 この手はもう、誰も殺すことはない―。

「……帰ろっか」
「……そうだな。お得意さんの洗濯物がずいぶん溜まっちまってる」

 ポートの方から、メーメット達の乗った揚陸艇が近づいてくるのが見える。
 はるか後方では、サザビーの巨体が静かに佇んでいた。
 アクシズはこのまま軌道を離れ、宇宙の彼方へと去っていくのだろう。
 もう二度と会うことはない、かつて憧れた男に、振り返ったアルレットは小さく別れを告げた。

「さよなら――大佐」

――最終章へ続く――


ストーリー構成・挿絵:Ark Performance
著者:中村浩二郎


次回12月22日更新予定


← 前作品ページ次 →


©創通・サンライズ


関連記事

関連作品


【第03回】リバイバル連載:サンライズ創業30周年企画「アトムの遺伝子 ガンダムの夢」 ▶

◀ 【第02回】WAR TIME SHOW ~戦場のエクエス


カテゴリ