【作品紹介】機動戦士ガンダム Twilight AXIS

目次

あらすじ

 宇宙世紀0096年、「サイコフレーム」の存在に脅威を感じた地球連邦軍は、地球圏外に漂う分断されたアクシズに調査団を派遣させる。
 調査団のメンバーには、アルレット・アルマージュとダントン・ハイレッグという二人の民間人も参加していた。
 彼らはかつて技術者とテストパイロットとして、ジオン公国軍、そしてネオ・ジオンに仕官していたという過去があったのだ。
 アクシズに潜入した調査団は、誰もいないはずの基地内で強襲を受ける。
 そしてアルレットとダントンは、想像もしていなかった出来事に遭遇するのだった…。

登場人物&メカ

アルレットアルレット・アルマージュ

一年戦争時、ジオン公国軍の兵器開発に携わっていた才女。ア・バオア・クー戦後はアクシズへ逃亡。以後はアクシズにて多岐に渡る技術開発に参画する。第2次ネオ・ジオン戦争終結後はダントンと共にサイド6で暮らしていたが、連邦軍特殊部隊の招聘を受け、アクシズへと帰還する。

ダントン・ハイレッグダントン・ハイレッグ

一年戦争時、ジオン公国軍のテストパイロットだった青年。戦場にてデータ取得の任務に就いていた。戦後、アルレットと共にアクシズを経て地球圏に帰還。アクシズ・ショック後はアルレットと共に隠遁生活を送っていたが、再びアクシズにて己の過去と向き合う事となる。

メーメット メルカメーメット・メルカ

アクシズの調査を遂行任務する連邦政府直轄部隊「マスティマ」の、弱冠27歳の若き隊長で地球連邦軍の中尉。
アクシズ内部に存在する研究施設へ赴き、「サイコ・フレーム」の研究資料の有無の確認と、強襲揚陸艇にて同行するアルレットとダントンの護衛を任される。

クァンタン・フェルモクァンタン・フェルモ

アクシズ調査団「マスティマ」を襲撃した、謎の武装集団に所属する強化人間。
かつては、地球のオーガスタ研究所で強化体の実験をされてきた。謎の武装集団の全貌やその目的、クァンタンが参加した理由などは不明だ。

ヴァルター・フェルモヴァルター・フェルモ

メーメット・メルカが率いるアクシズ調査団「マスティマ」を襲撃した、謎の武装集団「バーナム」に所属する強化人間。
ガンダムAN-01“トリスタン”に搭乗するクァンタンの双子の弟。
地球のオーガスタ研究所で強化実験をされた過去を持つ。
搭乗機は、かつてティターンズで運用されたバイアランを改良したバイアラン・イゾルデ。


ザクⅢ改

ハマーン戦争(第1次ネオ・ジオン戦争)時にアクシズで開発された、MS-06ザクの系譜に連なるMS。重装甲かつ内蔵兵器も搭載しており、高機動型オプションを装着した指揮官用機。これまで見た事の無い「赤」を基調とした機体で登場する。

ガンダム AN-01 トリスタンガンダムAN-01“トリスタン”

アクシズへと潜入捜査する「マスティマ」を強襲した、これまでに見た事の無い形状のガンダムタイプのMS。クァンタン・フェルモが搭乗する。ガンダムNT-1“アレックス”をベースにした機体ではあるが、機体自体の入手経路や開発系譜などは明らかにされていない。

バイアラン・イゾルデバイアラン・イゾルデ

謎の武装集団「バーナム」に所属するヴァルター・フェルモが搭乗する、ティターンズや地球連邦軍で運用されたRX-160 バイアランを改良した機体。トリスタン同様、頭部はガンダムの意匠が施されている。機体自体の入手経路や開発系譜などは不明な部分が多い謎の機体である。


R・ジャジャ

ジオン公国で開発されたYMS-15 ギャンの流れを汲む、量産には至らなかったが指揮官用に改修した上で実戦投入された、ネオ・ジオン(アクシズ)が開発した白兵戦用試作モビルスーツ。アクシズの格納ドックに白と紫を基調とした配色で残されていた。バイアラン・イゾルデの追撃をくい止めるため、ダントンが搭乗せざるを得ない状況となった。

ジェガン(バーナム所属機)

クァンタンのガンダム“トリスタン”に同行し、共にアクシズ内に潜入したMS。
地球連邦軍で運用していたMSだが、アクシズ内で遭遇した本機体は、紫色を基調としたカラーで、頭部のメインカメラにはセンサーが増設されている。また、識別不明のショットランサー形状の武装を携行している。


ストーリー構成・デザイン協力:Ark Performance
著者:中村浩二郎


機動戦士ガンダム Twilight AXIS▲アニメ公式サイトはこちら▲


©創通・サンライズ

カテゴリ