覇界王~ガオガイガー対ベターマン~【作品紹介】

目次

(隔週月曜更新予定)

あらすじ

西暦2010年、地球では残された人々が新しい勇者ロボを開発しつつ、GGGの再建を進めていた。だが、獅子王凱をはじめとする勇者たちは、いまだに帰還していない。そんな状況下で始動する<プロジェクトZ>とは──

登場人物紹介

※キャラクターの画像は主にアニメ版の設定を使用しております。

天海護(アマミマモル)

【number.00】
『勇者王ガオガイガー』『勇者王ガオガイガーFINAL』のもう一人の主人公。
十四歳、中学二年生。少年GGG隊の隊員。三重連太陽系の緑の星で生まれ、地球人・天海夫妻に育てられた。ソール11遊星主との戦いの後に、地球に帰還。GGGの戦いの真実を語った後、勇者たちを迎えに行くことを決意している。

【number.01以降】
二十歳、新生GGG(ガッツィ・グローバル・ガード)の機動部隊隊長。三重連太陽系の緑の星で生まれ、地球人・天海夫妻に育てられた。
親友・戒道幾巳とともにスーパーニューロメカノイド<ガオガイゴー>にダイブする。
地球を再建させて、<プロジェクトZ>を再開、獅子王凱たちを迎えに行くことを決意している。

獅子王凱
獅子王凱(シシオウガイ)

『勇者王ガオガイガー』『勇者王ガオガイガーFINAL』の主人公。
GGG機動部隊隊長。ガオガイガー、ガオファイガー、ジェネシック・ガオガイガーにファイナルフュージョンして戦った勇者。かつては史上最年少宇宙飛行士だったが、EI-01との接触による負傷で、全身をサイボーグ化された。その後、機界新種との決戦時にGストーンが全身に融合した超進化人類エヴォリュダーとなる。

【number.04以降】
三重連太陽系から十年ぶりに地球に帰還。だが、本人の主観時間では数日しか経っておらず、歳はとっていない。
行方不明の大河幸太郎に代わってガッツィ・ギャラクシー・ガード長官代理となり、覇界の眷族にされた仲間たちを取り戻す戦いに挑む。

戒道幾巳(カイドウイクミ)

【number.00】
十四歳、中学二年生。少年GGG隊の隊員。三重連太陽系の赤の星で開発された生体兵器。護とは同じような境遇の出身故の共感を感じている。同様に固い絆で結ばれた戦士であるソルダートJやトモロと再会することを望んでいる。

【number.01以降】
二十歳、新生GGGの機動部隊副隊長。三重連太陽系の赤の星で開発された生体兵器。同じような境遇の出身である護とは親友としての絆が更に深まっている。

初野華(ハツノハナ)

【number.00】
十四歳、中学二年生。キッチンHANAの看板娘。四年前、天海護が宇宙に旅立つときに結婚式を挙げて“妻”となった。2010年現在は、護や戒道と同じく少年GGG隊の隊員。

【number.01以降】
二十歳、新生GGGの機動部隊オペレーター。
十年前、天海護が宇宙に旅立つときに正式ではないが結婚式を挙げて“妻”となり、高校卒業後にGGGに入隊した。

阿嘉松滋(アカマツシゲル)

【number.00】
有限会社アカマツ工業の社長兼、GGGマリンレフュージ基地の所長。かつて開発した有人調査ポッド<覚醒人>シリーズの最新型を開発した。

【number.01以降】
五十五歳、新生GGG長官。GGGの再編時に果断な決断力などを買われて、長官に就任した。
<覚醒人凱号>の開発者であり、獅子王雷牙博士の息子、獅子王凱の従兄。

アーチン・プリックル

【number.01初登場】
四十三歳、新生GGG参謀。かつて弟がアカマツ工業と仕事をしていた縁で、阿嘉松長官と知己があり、参謀に就任。

楊龍里(ヤン・ロンリー)

【number.00】
中国GGG代表にして、プロジェクトZ主幹。一時期はGGG長官代理を勤めていたが、八木沼の復帰にともなって、現在の立場となった。大河幸太郎にプロジェクトZ阻止を依頼されていたが、一転して計画を進める側にまわった。

【number.01以降】
新生GGGスーパーバイザー。阿嘉松の長官就任を推した人物であり、その補佐をするため、スーパーバイザーに着任。同時に、<プロジェクトZ>計画主任を勤めている。

牛山次男

二十七歳、新生GGG整備部オペレーター。同僚であった初野あやめと結婚、一児の父となった。

山じい

本名不詳、新生GGG諜報部オペレーター。ただし、腰痛で医務室にこもることが多く、その場合は次席オペレーターが代役を勤める。

彩火乃紀(サイヒノキ)

【number.00】
二十一歳の大学生。蛍汰の恋人。生体医工学者を目指しているが、蛍汰とともにGGGマリンレフュージ基地でバイトをしている。

【number.01以降】
二十七歳、新生GGG研究部オペレーター。大学卒業後、生体医工学者として研究部スタッフとなった。蒼斧蛍汰とは現在も交際中。

牛山末男

二十歳、新生GGG整備部員。次席オペレーターとして、兄・次男の代役を勤めることもある。

タマラ・ゴーゴリ

【number.01初登場】
二十六歳、新生GGG研究部員。次席オペレーターとして、火乃紀の代役を勤めることもある。火乃紀とは友人同士であり、薬学のエキスパート。

鷺の宮・ポーヴル・カムイ

【number.01初登場】
三十四歳、新生GGG諜報部員。次席オペレーターとして、山じいの代役を勤めることもある。兄もGGG隊員であったが、十一年前の木星決戦時に死亡。その時点ではモーディワープという組織に所属していたが、GGGに移籍した。

蒼斧蛍汰(アオノケータ)

【number.00】
『ベターマン』の主人公。
二十一歳の浪人生。かつてはアカマツ工業で覚醒人1号のヘッドダイバーだったが、現在はGGGマリンレフュージ基地でバイトをしている。

【number.01以降】
二十七歳、家電量販店営業部勤務の一般人。

ラミア

ソムニウム(ヒトより環境に適応した種属=ベターマンとも呼ばれる)という霊長類の一個体。かつて、カンケルという存在との戦いで傷つき、海底で傷を癒していた。その後、GGGと遊星主の決戦時に生命の波動で蘇り、その後は何かの目的で活動を続けている。
“覇界王”と呼ばれる存在の出現を、天海護に警告した。

ガジュマル

幼齢のソムニウム。気性は荒いが、シャーラには優しい。空気を操るトゥルバの実への耐性を持つ。

シャーラ

幼齢のソムニウム少女。ソキウスの実への耐性を持ち、その身にエスケープウインドウのような<ソキウスの路>を開くことができる。

ライ

吟遊詩人のような容姿のソムニウム。人間的でひょうひょうとした性格。能力は不明。

ユーヤ

光で全身を纏っている女性型ソムニウム。空飛ぶ大クラゲのような姿に変身する。六年前、護が邂逅したラミアを乗せていた。

ヒイラギ

巨漢のソムニウム。豪快な容姿とは真逆の、優しく幼い口調。能力は不明。

羅漢

孤高のソムニウム。ペクトフォレースの粒子サンクトゥスを用いて、様々な細胞合成術を研究している。アニムスの実への耐性はラミアと同等。

八木沼範行(ヤギヌマノリユキ)

【number.00】
GGG長官。大河に率いられた隊員たちの行動が叛乱とみなされた際、解任されていた。しかし、地球に帰還した護と戒道の証言によって、その汚名が撤回されたことで復職。現在は楊とともにプロジェクトZを進めている。


アルエット

【number.01初登場】
十五歳、新生GGG機動部隊次席オペレーター。
出生前に胎児の段階でバイオネットに遺伝子操作され、超天才児となった。
幼少時、ガオファイガー・プロジェクトに参加した後、記憶を失っていたが、現在は記憶を取り戻し、新生GGGに加わった。
コミック外伝『エヴォリュダーGUY』、小説『勇者王ガオガイガーpreFINAL』に登場。


【以下は、地球に未帰還のGGG隊員たち】

卯都木命(ウツギミコト)

獅子王凱の恋人で、GGG機動部隊オペレーター。EI-01によって機界新種の種子を植え付けられた過去によって、セミエヴォリュダーとでも言うべき存在になっている。ジェネシックを蘇らせる際、真空中に身をさらしたことにより、マニージマシンと呼ばれる治療器具で加療中。

大河幸太郎(タイガコウタロウ)

GGG長官。ソール11遊星主との決戦後、滅び行く宇宙から天海護と戒道幾巳の二人を、太陽系へ帰還させた。

火麻激(ヒュウマゲキ)

GGG参謀。大河とは古いつきあいであり、常に言い争いしているが、互いへの信頼は篤い。

獅子王雷牙(シシオウライガ)

GGGスーパーバイザー。世界十大頭脳に数えられる科学者であり、凱の叔父。世界中に二十八人の実子がいる。

開幕にあたってのごあいさつ

 『ガオガイガー対ベターマン』──そのコンセプトを米たに監督からうかがったのは1998年、『ベターマン』の脚本作業中だったと記憶しています。この二作品は世界観やキャラクターを共有していますが、当初は裏設定やお遊びに留まるものだと思っていました。ですが、この時点で準備中だった『勇者王ガオガイガーFINAL』の先の作品として、『ガオガイガー対ベターマン』を構想中であると聞かされたのです。
 しかしながら『FINAL』の作業中、ストーリーが膨らむうち、獅子王凱たちが地球に帰還するところまで入りきらないという結論に達しました(初期構成案では、そこまでが『FINAL』の内容に含まれていたのです)。その結果、GGGの帰還は『ガオガイガー対ベターマン』で描こうということになりました。
 そして、その作品の映像化は実現しないまま、長い時間が過ぎ──いよいよこの作品の主な舞台となる2016年がやってきてしまいました。今こそ、なんとしてもこのストーリーを世に出したい──その強い思いで『覇界王~ガオガイガー対ベターマン~』の連載が実現しました。ガオガイガーとベターマンは如何にして戦うのか? 獅子王凱と天海護の再会はかなうのか? この連載で見届けてください。

 そして現在、『勇者王ガオガイガーpreFINAL』『勇者王ガオガイガーFINALplus』という二冊の小説単行本が発売中です。『ガオガイガー』と『ベターマン』のリンクを解説しつつ、『覇界王』への伏線を盛り込んで再構成しました。『覇界王』世界への入口として、併読していただければ嬉しく思います。

竹田裕一郎


■勇者王ガオガイガーpreFINAL
著:竹田裕一郎
体裁:四六判/476頁
予価:本体1,500円(税別)
発売日:9月12日
発行:新紀元社
ISBN978-4-7753-1406-7
http://www.shinkigensha.co.jp/book/978-4-7753-1406-7/

■勇者王ガオガイガーFINALplus
著:竹田裕一郎
体裁:四六判/428頁
予価:本体1,400円(税別)
発売日:9月12日
発行:新紀元社
ISBN978-4-7753-1407-4
http://www.shinkigensha.co.jp/book/978-4-7753-1407-4/