【第02回】コードギアス断章 モザイクの欠片

←前作品ページ次→


第1編 消えた王女(後編)

 ファドゥーツ城作戦司令部。
 エリーサは、父であるリヒテンシュタイン公ヨーゼフの隣に控えている。
 周囲の人間には空っぽに見える椅子。
 その上に座っている。
 父ヨーゼフの表情は苦悶に満ちていた。
 ヨーゼフは娘を差し出せと言われて、差し出したいと思っている自分を憎んでいるのかもしれない。
 そして差し出せないことに対して、自分の無力さを噛みしめているのかもしれない。
 エリーサは下唇を噛む。
 こんなことになるとは思っていなかった。
 たしかに逃げたいと思った。
 お姫様を辞めたい、と。
 けれど望んだのはこういうことじゃない。
 このままでは、祖国が敵に蹂躙じゅうりんされてしまう。自分が消えてしまったせいで。
 そして大切な人たちが――父が、城のみんなが、そして何より最愛の妹アナが、犠牲になる。
 その情景を一人、指をくわえて見ていろと言うのか。

「お父様」

 凛とした声が、司令部に響いた。
 声のしたほうに、すべての人間の視線が集まる。
 その先にいたのは一人の少女。
 エリーサとよく似た顔をしているが、彼女よりはだいぶ幼い少女。
 アナ・リヒテンシュタイン。

「心配しないでください。私があの男の妻になります」
「!? それはダメ!」

 エリーサは思わず声を上げていた。
 しかしアナは毅然とした顔をして、首を振った。

「お姉様がこのような不可解なことに見舞われているなど、いくら説明してもブリタニアは納得しないでしょう。単にお姉さまを渡したくないためにろうした虚言だと考えると思います」
「でも……」

 なおも反論しようとするエリーサの手を、アナが掴んだ。

「お姉様。私も王女。民の安全のためなら、この身を差し出すわ」

 そう言って、アナは微笑んだのだった。

「ハンネス皇子と通信を繋いでください。私が直接、話をします」

 そして再び毅然とした表情に戻ると、アナは家臣たちに指示を出した。

 皇室専用陸戦艇G-1――ハンネスの居室。

「ほう。姉君の代わりに貴女がオレの妻になると?」
《はい》

 モニターに映ったアナは小さくうなずいた。
 そんな彼女を値踏みするようにハンネスは見つめる。
 アナは10代半ば――だいたいハンネスより一つ二つ下といったところのようだ。
「――いいだろう。幼な妻というのもなかなか面白い。一日やろう。明日の婚約の儀までに、家族と国に別れを告げるといい」
《私が妻になれば、民の安全は保障してくださるのですね?》
「当たり前だ。妻の祖国を蹂躙する馬鹿はいまい」

 ハンネスの言葉に、リヒテンシュタインの高官たちは安堵したようだった。

「では明日、また会おう」

 モニターが消える。

「そう。大切にするさ。貴女の祖国も、貴女自身も……」

 ハンネスは奥の扉を開く。
 そこは寝室だった。
 寝室には女性が10名ほど控えていた。
 皆、彼の妻である。
 それだけだったら、皇族の男性の寝室として特に不思議はないだろう。好色な男であれば、この程度の人数をはべらせることも多い。
 だが、彼女たちは全員、四肢を切断されていた・・・・・・・・・・
 まるで置物のように整然と並ぶ、背の低くなった女性たち。
 彼女たちは皆、綺麗に着飾り、顔には丁寧な化粧が施されていた。
 しかし表情に生気はない。
 ほとんどモノになり果ててしまったと言ってもいい。
 その中の一人に近づき、ハンネスは手で髪の毛をすいた。

「みんな喜べ。また明日、新しいお友達が来る」

 いとおしげに女性を見下ろすハンネス。

「さあ、今日も始めようか。楽しい楽しい舞踏会・・・を」

 

 ハンネスにとって女性は恐怖の対象だった。
 まず母が怖かった。
 母はハンネスを、次期皇帝にえるべく厳しく育てた。怖い家庭教師をつけ、武術の訓練も過剰と思えるほど行わせた。
 成果が上がらないと、母はハンネスを激しく叱責しっせきし、場合によっては殴打などの罰を与えることもあった。
 それが功を奏して、17歳という若さでユーロピア戦線の一翼を任されるまでになっているわけではあるが……。
 また母は使用人たちに対しても、ハンネスを厳しくしつけるように要求した。ハンネスは皇子でありながら、イタズラをしたりすれば使用人の女にぶたれることもあった。
 そもそも、そんな母の気性を反映してか、ハンネスの暮らしていた王宮は、女性の発言権が強かった。
 ハンネスは大人しい少年に育った。
 線も細く力もない彼はこう思い込んでいた。
 自分は絶対に女性には敵わないだろう、と。
 中性的な外見であり、聡明であった彼は、貴族の娘たちに好感を持たれやすかった。しかしハンネスは一貫して異性から距離をとっていた。それは母をはじめとする王宮の女性たちによって植えつけられた恐怖心のせいだった。
 だが、その中性的な美貌と地位が災いする。
 あるパーティの日、ハンネスは貴族の娘に、寝室へと引きずり込まれた。
 部屋に入るなり娘はハンネスを押し倒した。

「ハンネス様? ご経験はおありで?」

 そのときハンネスは15歳。いちおう性に関する知識は持ち合わせていたが経験などあるはずもなかった。

「では私が教えてあげましょう」

 そう言いながら、娘はハンネスの服を一枚一枚脱がせていった。
 ハンネスはただひたすらに怖かった。
 どうにかして逃げることはできないか、と思った。
 ハンネスを全裸にした娘は、彼に馬乗りになった状態でドレスを脱ぎ始めた。
 チャンスだと思ったハンネスは、大きく身をよじった。
 娘がバランスを崩して転倒し、ベッドから落下する。

「ハンネス様、何をなさるんです――痛!!」

 高いヒールを履いていたせいか、足を思いっきりひねった娘は、立ち上がれないようだった。
 娘はうずくまったまま、ハンネスへと近づいてくることはない。
 そのとき、ハンネスは知った。
 足の不自由な女は、自分に歯向かうことはできない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「そなたはオレの妻になりたいのか?」

 ハンネスは女を見下ろしながら問うた。

「ええ、そうです」
「そのために代償を払う覚悟はあるか?」
「もちろんです。皇族の方の妻になるのなら、それなりの覚悟はありますわ」
「そうか」

 ハンネスは口元に笑みを浮かべる。
 そして言った。

「ならばその手足、切り落としても構わぬな?」
「――!?」

 護身用に持ち歩いていた片手剣【ショートソード】。
 それを脱がされた服の中から引き抜くと、ハンネスは一閃した。
 まず右腕を切り落とした。
 そうすることでさらなる抵抗力を奪う。
 苦悶の表情を浮かべる女。
 続いて左腕を、そして追い打ちをかけるように、両足を太ももから切断する。

「ぁ……ぁ…………」

 小さく、くぐもったうめき声を上げながら、女は仰向けに倒れていた。
 赤い海に浮かぶ、白い裸体。
 波紋のように広がる血だまりの中に横たわる彼女を見つめながら、{ハンネスは生まれて初めて女性を美しいと思った}。

「ローレン。オレは君に感謝している。君が教えてくれたからだ。女性は美しいものだということを」

 四肢のない女性――ローレンを抱き上げるハンネス。
 ローレンは答えない。
 かすかに怯えを含んだ無表情で、ハンネスを見上げるだけだ。

「今宵も楽しもう」

 ハンネスはローレンを連れて居室のほうへ向かった。

 

 アナの居室。

「いままでお世話になりました、お姉様」

 アナはベッドに腰かけ、姿の見えないエリーサに語り掛ける。
 城では、ささやかなうたげが開かれた。
 アナとの別れの会。
 アナは終始笑顔だった。
 彼女は愛する人と結ばれ、この国を去るのではないかと錯覚するほどの笑顔。
 けれどそれは、単に国の人たちに心配をかけまいとする、アナの気丈な態度だったのだ。

「本当は、少し怖いの」

 エリーサと二人きりになり、アナは本音を語り始める。
 アナはエリーサの前でだけは、何もかもを包み隠さず話す。

「ハンネス皇子の噂は聞いてる。彼の妻になった者は、酷い仕打ちを受ける、と」
「やっぱりダメよ、アナ。私が行く。触れることはできるんだし、きちんと説明すれば……」
「いいえ。私が行く。私は王女としての責務を果たす。それに、私はお姉様を守りたい」

 アナが手を伸ばしてきて、エリーサの手を取り、握る。
 アナはいつも、正確にエリーサの手の位置を探り当てる。

「引っ込み思案で、言いたいことも言えない私を、お姉様はいつも守ってくれた。いつもお姉様は私の味方だった。いじめっ子だってやっつけてくれた。あの口紅作戦、本当にすごかった」

 アナはそう言って微笑んだ。
 そしてまた、真剣な表情を作る。

「今度は私の番。お姉様のために、私は頑張る」

 悲壮な決意に満ちたその顔。
 けれどエリーサは見逃さなかった。
 アナの目尻には、涙が光っている。
 ――当然だ。
 望まぬ相手との結婚。
 しかも相手があのハンネスでは、喜んでいく人間など誰もいない。
 アナの様子を見て、エリーサもまた、一つの決意を胸に抱く。

「そうよ、アナ。私はいつだってあなたの味方」

 その晩、エリーサは一人、城を後にした。

 ハンネスのいる皇室専用陸戦艇G-1の周囲には、多数のナイトメアフレームが控え、陣を敷いていた。歩兵による警備も堅い。
 しかしエリーサは難なくその警備をすり抜けていく。
 誰も彼女を視界にとらえることはできないから。
 陸戦艇の出入り口は開け放たれていた。
 入り口の両脇に立つ警備の者をしり目に、エリーサは堂々と中へ入っていく。
 陸戦艇内の構造は把握していた。リヒテンシュタイン公国の軍部は、戦闘で放棄された陸戦艇を回収し、内部を詳細に分析してあったのだ。そのデータを、エリーサはあらかじめ閲覧しておいた。
 多少の誤差はあれ、皇族の居室に使われる位置など、ほとんど決まっている。
 唯一の難所となったのは、部屋の前だった。
 エリーサは立ち止まる。
 ハンネスの居室の前には軍服姿の男性警備員が一人いた。その奥の扉は施錠されているようだ。
 エリーサはためらわなかった。
 男性警備員の背後に回り込むと、首に腕を回し、一気に締め上げる。

「う、あ」

 短く呻いただけで、警備員は昏倒した。
 エリーサは一国の姫であり、いずれ婿を取ってリヒテンシュタインを引っ張っていく立場にあった。護衛のための基本的な戦闘訓練は受けている。
 エリーサは警備員の懐を調べ、カードキーを見つけ出した。
 それを使って、ハンネスの居室の鍵を外す。

「ぁ……ぁ…………ぁ」

 部屋には呻き声のようなものが響いていた。
 足音を殺し、奥へと進んでいくエリーサ。
 そこで行われていた光景を目にし、エリーサは息を飲んだ。声を出さなかったのが不思議なほどだった。
 ソファーの上で、全裸の少年と女性が、交わっていた。
 しかし女性のほうは四肢が極端に短い。おそらく、切断されたのだろう。
 四肢の切断面は、丸く柔らかそうな状態に再生していた。もう長いこと四肢の無い状態で彼女が生きているというのがわかる。
 少年はソファーに座り、女性を自分の上にまたがらせていた。両手で女性の腰の部分を掴み、上下に動かしている。
 動かされるたびに、女性が、

「ぁ……ぁ」

 と、くぐもった喘ぎを漏らす。
 豊かな乳房が揺れ、美しい髪が白い肌の上を流れる。
 彼女の目に光はない。
 快感の印など、あるはずもない。
 ただかすかに、怯えに似た表情だけが、うっすらと彼女の顔を彩っている。

「ああ、美しい……美しいぞ、ローレン」

 声変わりしたばかりのような、中途半端な声音で、少年――ハンネスが言う。
 ただ愛おしげに、恍惚こうこつとした表情で、乱暴に自分の上で女性を揺さぶるハンネス。
 無抵抗に、ただされるがままになっている女性の顔を見つめたまま、エリーサは動けなくなる。
 {エリーサには彼女の顔がアナのものに見えた}。
 アナが、四肢を切断され、裸に剥かれ、モノのようにハンネスの慰みものとなる姿が、エリーサには見えた。

「させない」

 低く、エリーサはつぶやく。
 ハンネスも女性も、気づかない。

「アナは私が守る」

 エリーサは銃を抜いた。
 ハンネスの眉間に銃口を向け、引き金を引く。

 パーン!

 間の抜けた銃声。
 電池の切れた玩具のように、ハンネスの動きが止まる。

「何事だ!」

 銃声を聞きつけ、ブリタニア軍の兵士たちがハンネスの居室に集まってくる。

「ハンネス様!!」

 臣下がハンネスにすがりつくようにしてひざまずく。
 ハンネスは眉間に赤い穴を空け、ソファーの背もたれに寄りかかるようにして絶命していた。光を失った目は天井を向いている。

「お妃様、いったい何があったのですか!?」

 ハンネスの上にまたがったままでいる妃に、臣下が問う。

「無駄だ。彼女はハンネス様が壊してしまった」
「そうであったな」

 別の臣下が言うと、臣下は肩を落とす。

「しかし、いったい賊はどうやって……入り口の警備の者がやられたようだが――」

 パーン!
 銃声。
 臣下が一人、床に崩れ落ちるようにして倒れた。

「!? 賊め! 部屋の中にいたか――ぎゃっ」

 また一人倒れる。

「バカな!? いったいどこに――うわっ」

 また一人。

「どこだ!? どこにいる!?」

 恐慌状態に陥った臣下の一人が、サブマシンガンを構えた。

「バカ! こんなところで撃ったら……」
「死ぬよりはマシだ!!」

 臣下は問答無用で発砲する。
 しかし弾丸は空を裂くだけ。

「ぎゃっ」

 跳弾を受け、何名かが倒れる。
 その間にも、一人、また一人と、弾丸は確実に臣下の頭を撃ち抜いていった。
 その中の何人が、サブマシンガンが一丁{消えた}ことに気づいただろう。
 消えた王女【エリーサ】が拾い上げたことで、姿を消したサブマシンガン。
 銃口が火を噴き、部屋中の人間の体を無残に破壊する。
 多数の死体から血煙が上がり、視界をぼんやりと曇らせた。
 生きている者が一人もいないことを確認すると、エリーサは部屋を出る。

 ぬちゃ、ぬちゃ――。

 小さな足音とともに血の海を踏むエリーサ。
 その足跡だけが、万人に向けて姿を見せていた。

「何の騒ぎだ!」

 部屋を出ると、エリーサのほうに向かって兵士たちが駆けてくる。ハンネスの居室での物音を聞きつけてやってきたようだ。
 エリーサは彼らを見境なく撃ち殺す。

「我が名は、エリーサ」

 小さく、つぶやいた。
 リヒテンシュタインのお姫様として生まれた自分。
 ギアスという力を得た自分。
 そして――妹の生まれたあの日、アナ・リヒテンシュタインの姉となった自分。
 それらすべてが彼女の中で一人の人間としてつながる。
 私はいま、殺戮さつりくする。
 祖国のために。
 妹のために。
 つまり自分のために。

「我が名は、エリーサ」

 それが彼女のアイデンティティ。
 ギアスによって刻まれた、彼女の存在価値【いきたあかし】。

 翌日――。
 アナとヨーゼフ、そして数人の側近は、ブリタニア軍陣営へと赴いた。

「やけに静かだな」

 車を降りたヨーゼフは言った。
 傲岸不遜ごうがんふそんのブリタニアとはいえ、皇子の新妻の到着に迎えをよこしてこないのは不自然だった。

「お父様! あれ!」

 アナが指をさす。
 その先にはナイトメアフレーム。
 警備の機体のようだが、奇妙な恰好でうずくまっている。
 その足元に、倒れている者がいた。
 全身血まみれだ。
 慌ててアナたちは駆け寄った。

「ダメだ。死んでいる。だが、いったい誰が――これは!」

 ヨーゼフは思わず声を上げる。
 その視線の先には、累々と並ぶ死体の列が見えた。
 それらは皇室専用陸戦艇G-1のほうまで、道案内でもするかのように伸びている。
 そして陸戦艇の入り口には、ぽつんと、口紅が一本、置かれていた。
 その壁には、赤い文字でこう書いてあった。
 ――リヒテンシュタインをよろしく。

「まさか、お姉様が?」

 アナは口紅を拾い上げると周囲を見回した。

「お姉様!? どこにいるの!?」

 しかし返事はない。
 そういえば今日は一度も、姉の気配を感じていなかったとアナは気づく。

「お姉様! お姉様……!!」

 殺戮の跡地に、ただアナの声だけがこだまする。
 ――そんなアナのそばに、エリーサは寄り添うように立っていた。
 けれど声をかけることはしない。
 ただ口の中で、

「さようなら」

 と、声に出さずに言っただけ。
 もう二度と戻るつもりはなかった。
 自分がやるべきことは果たしたから。
 あとはアナたちの問題。
 自分は、迷惑をかけないようにここを去る。
 エリーサはアナたちに背を向け、その場から離れていく。
 以後、エリーサの姿を見た者は誰もいなかった。

消えた王女 了


次回8月1日更新予定


←前作品ページ次→


著者:高橋びすい


©SUNRISE/PROJECT L-GEASS Character Design ©2006-2017 CLAMP・ST


あわせて読みたいコンテンツ


【お知らせ】小説「さよならピーターパン」電子版がAmazonと楽天にて好評発売中! ▶

◀ 【第23回】ビーチガールズ


カテゴリ