【アイテムレビュー】ガンプラ RE/100 ガンダムMk-Ⅲ〈1〉

 ガンダムMk-Ⅲと言えば、『機動戦士Ζガンダム』のMSV企画「Z-MSV」などに登場するモビルスーツです。
 映像化されていないこともあって、いわゆる知る人ぞ知るちょっとマイナーなMSなのですが、なんと最近、驚きのガンプラ化を果たしました。
 今回はそんなガンダムMk-Ⅲのガンプラを作ってみましょう。
 ちなみにガンダムMk-Ⅲは矢立文庫で連載が始まった「アナハイム・ラボラトリー・ログ」にも登場するなど、にわかに脚光を浴びつつある機体のため、人気のガンプラでガンダムMk-Ⅲのことを皆さんにもっと知ってもらいたいと思います。
 というわけで第1回はパッケージや箱の中身をチェックしていきましょう!

⇒ 【アイテムレビュー】ガンプラ RE/100 ガンダムMk-Ⅲ〈2〉

ガンダムMk-Ⅲはこんな機体です!

 エゥーゴがティターンズから強奪した「RX-178 ガンダムMk-Ⅱ」のデータを解析することで、アナハイム・エレクトロニクスが独自開発した機体。ガンダリウムγを導入し、より人体に近い挙動を可能とするムーバブル・フレームを実現している。また、ジェネレーターが新規開発されており、高出力のビーム・ライフルやビーム・キャノンも装備している。

▲まずはパッケージ。1/100スケールだけあって、なかなかのボリューム感です。ガンダムMk-Ⅲはイラストで描かれる機会も少ないので、描き下ろしはかなりレア! エゥーゴの機体だけあって、ボックスアートにはリック・ディアスやネモなども描かれており、パッケージを見ているだけでも色々なシチュエーションを想像させられます。

▲さっそく中身を見ていきましょう。まずは組立説明書、シール、そしてビーム・サーベル用のクリアパーツ。

▲Aランナーはガンプラならではの“イロプラ”です! クリアパーツも入って4色成形。塗装をしなくてもカラフルに仕上がります。頭部やライフル、足などが見てとれます。

▲Bランナーは本体の基本カラーとなるグレーブルー。巨大なシールドや胸部、スカートらしきパーツがあります。

▲Cランナーにはバックパックのスラスターや肩、腕などが集まっています。Cランナーは2枚ありますが、左右対称のパーツ郡です。

▲ダークグレーのCランナー。シールドやハンドパーツなどが集まっています。

▲ダークグレーのEランナー。関節部やバーニア部がメインですが、こちらも左右対称のため2枚入っています。

▲ガンプラの可動を支えるポリキャップ。RE/100は大中小の3種類のみなので、かなりわかりやすい設計です。

▲RE/100はランナーからパーツを外したときの跡、いわゆるゲート跡が目立たない工夫がされているのも特徴です。クサビゲートやアンダーゲートなどがほかのガンプラよりも多く使われているため、ライトユーザーでも綺麗に仕上がります。

▲こちらはアンダーゲート。ランナーとの接触面がパーツの裏面にあるため、ランナーからパーツを切り離した際に表側に跡が残らないのです!


 第1回は「RE/100 ガンダムMk-Ⅲ」のパッケージ内容を中心にご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? ガンプラのランナーを見ているとどんな構造なのか想像できたり、作ってみるまで何のパーツわかないところもあったりと作る前から楽しめますよね。
 余談としては、今回のキットのパーツ数はポリキャップなしで約180パーツほど。ガンプラのスタンダードHGシリーズよりは多めながらも、MGシリーズと比べればかなり少なめのパーツ数でした。ちなみに、平均的なHGシリーズは100パーツ前半くらい、MGシリーズは約300パーツくらいです。それを考えると、なんだかそれほど苦労せずに作れそうな……?
 と言うことで、次回は実際に組み立てを開始します!

⇒ 近日公開【アイテムレビュー】ガンプラ RE/100 ガンダムMk-Ⅲ〈2〉


【紹介アイテム】
RE/100 ガンダムMk-Ⅲ
発売中
価格:3,780円(税込)
メーカー:バンダイホビー事業部
オフィシャルサイト:http://bandai-hobby.net/site/gunpla_re100.html


【関連コンテンツ】


©創通・サンライズ