サン娘 ~Girl's Battle Bootlog【第1回】

第一章①

 閃光。
 巨大なビームの光が、七星ななほしまあちを襲った。
 とっさに地面を蹴り、灼熱の光を紙一重でかわす。
 肌が、チリリと焼ける感覚。
 ひやりを通り越して、心臓が凍る。
 ビームは止まらず、そのまま背後の巨大な岩盤に突き刺さった。
 激しい爆発が起こり、砕け散った岩の破片が、宇宙空間へ舞う。

「大丈夫! まあち!」

 火線をさけるよう、かたわらの岩陰に身を隠した神月楓こうづきかえでが叫んだ。

「う、うん!」

 ポニーテールを左右に揺らしながら、すぐに態勢を立て直す。

「ったく、なんなのよ、あの装備! 反則にもほどがあるじゃない……!」

 楓が憎々しげに言い放ち、元凶である『相手』を見た。
 ゴツゴツとした岩肌が続く、小惑星の上だった。
 青く輝く地球を背にする形で、一人の少女が立っていた。
 ワンピースにも似た奇妙なスーツ。二の腕まで覆う白い手袋と、同じく白のニーソックス。
 宇宙空間に佇むにはあまりにも異様な姿だったが、その両脇に浮いたモノ・・は、さらに異様だった。
 一対の鉄の塊が浮いていた。
 それは『腕』だった。
 まあちの身体ほどのサイズもある、巨大な鋼鉄製の腕。
 濃緑色をした流線型の鉄腕には、それぞれ大型のランチャーが握られていた。

「…………」

 少女が、まあちたちを観察するように視線を注ぐ。
 大型の黒いゴーグルをつけているため、その表情はわからない。
 どこか機械的な仕草で片手を伸ばすと、再び鋼鉄の腕がランチャーを構えた。

「っ! そう何度も、やらせないっての!」

 ビームが放たれるよりも早く、楓が岩陰から飛び出す。一気に少女との間合いを詰め、

「食らいなさいっ!」

 叫ぶと同時に、楓の両肩の上に浮いた、直径二〇センチほどの二つのポッドが反応した。
 ポッドが開き、中から『腕』が伸びる。小さなポッドのどこに収まっていたのかというほどの巨大な鉄腕。少女のものとは違い、赤と青を基調とした分厚い装甲に、前腕部には特徴的なV字型の黄色いパーツ。その手に握った三叉の刀を振り上げ、

「どりゃああああ! ザンボットグラァァァァァップっ!」

 勢いよく振り下ろされる刀を、少女が身をひねってかわし、後方へ跳ぶ。
 同時に左右のランチャーが後方へ回転、ランチャーの後部が肩の上より突き出される。そこに開いたいくつもの発射口から、大量のミサイルが発射された。

「うっそ! そんなのあり!?」

 楓へと降り注ぐミサイルの雨。いくつもの爆発。大小の光球が、小惑星の表面を包んだ。

「ぐぅぅっ!」
「楓ちゃん!」

 ミサイルの一群が、まあちにも襲いかかってきた。
 避けることもできず、ポッドから『腕』を出現させ、ガード。
 爆発。衝撃。
 薄い蒼色がかったまあちの『腕』が、爆炎で紅く染まる。
 空中にウィンドウが出現し、エネルギーシールドの低下を報告。
 それでも、倒れないよう両脚を踏ん張った。
 爆炎の奥にのぞく少女を見据え、

「絶対に……絶対に、私が助けてあげるからね、栞ちゃん!」

 力の限り叫んだ。
 少女――九鳳胤栞くほういんしおりは応えず、トドメを刺すように、ランチャーの砲口をまあちに向けた。
 どうして……。
 どうしてこんなことになっちゃったんだろうと、まあちは思う。
 つい一昨日までは、フツーの日常を送っていたはずなのに。
 それが、どうして……。

 

 七星まあちの信条は、『いつだって楽しく!』だった。
 泣き顔よりも笑顔。
 それが正しいって、いつだって信じていた。
 だから、暗い顔や困った顔をしている子がいたら、なんとなく気になる。胸がザワザワする。
 結果、ついつい声をかける。できることがあれば、力になろうとしちゃう。
 小学生のとき、運動委員や図書委員なんかの、ありとあらゆる委員会活動を手伝ったあげく、過労で三日三晩寝込んだときは、友達のみよちゃんから『バのつくお節介焼き』というあだ名を頂戴した。
 翌日、学校に登校し、教室で変わらず清掃委員の手伝いをする自分を見て、みよちゃんは呆れを通り越して痛い物を見る目をしながら、『ただのバカ』とあだ名を更新してきた。
 まあでも仕方ない。それが私だし。
 だから、いまだってなんとなく放っておけない。
 その日は、高校の入学式の朝だった。新しい学園生活への期待と興奮。『どんな人たちに会えるかなぁ』などと想像しているうちに、いてもたってもいられなくなり、結局予定よりも一時間も早く寮の部屋を飛び出した。
 そうして、ソレ・・を見つけたのだ。

「ねえ……そこで、何してるの?」

 校内の一角に咲いた、美しい桜並木だった。
 歩道脇から伸びる形で、薄紅の花弁が奥まで咲き誇っている。
 そこに、一人の女生徒がいた。

「そんなところにいたら危ないよ? 降りて来たら? ね?」

 ぎこちない笑みを浮かべながら、まあちは女生徒を見上げた。
 女生徒は、三、四メートルほどの高さの幹に腰かけていた。
 あまりの高さに、見かけた瞬間、思わずぎょっとしてしまった。

「…………」

 だが女生徒の方は、とくに怖がる様子もなく、ぼうっと桜を眺めていた。
 その危なげな様子にハラハラしながらも、改めて女生徒の顔を見る。
 とても、綺麗な女の子だった。
 腰まで届く長い銀髪。
 陶磁器のように白くなめらかな肌に、幼くも端正な顔立ち。
 その瞳さえも銀色に染まっており、この子と比べたら、世の中のどんな『一番キレイ』も、すぐさま二位へ転落すると思った。
 だからこそ、なおさら疑問に思う。間違っても、入学式の朝に木登りを楽しむような、そんなやんちゃな趣味の子には見えなかった。

「その制服、同じ学校の子だよね。早く校舎に行かなくていいの?」

 三度目の声掛け。
 それが成功したのか、少女の銀の瞳が、ゆっくりまあちへ注がれた。
 そして、言った。

「あなたの夢は、何?」
「………………………………へ?」

 唐突な質問に、ついポカンとしてしまった。
 続いて少女は、両手を幹に置くと、腰を浮かし、そのまま――
 飛び降りた。

「お、おわあああああああああ!」

 たまらず少女を受け止めようと駆け出す。飛び降りて、無事に済む高さじゃなかった。
 だが足が絡まり、その場に転倒。ゴン!と鈍い音がし、盛大に額を地面に打ち付けた。

「い………ったぁぁぁっ!」

 痛みに額をジンジンさせながらも、すぐさま顔を上げた。
 あ、あの子は!?

「…………」

 目の前に、少女がいた。しゃがみ込み、平然とこちらの顔をのぞき込んでいる。

「…………」

 見たところ、どこにも怪我をした様子はない。どうやら無事だったらしい。
 安心に、はぁぁぁぁと息をついていると、少女が尋ねてきた。

「いま……なんで、走り出したの?」
「え? それは、その……あなたを助けようとして……」
「助ける? どうして……?」

 なぜ、そんなことをするのかわからない。そういった口調だった。

「いやだって……困ってる人がいたら放っておけないでしょ?」
「自分のことじゃないのに……?」
「う、うん……。ほら、私がちょっと手を貸してあげるだけで、その子が笑顔になるなら、そうしてあげたいじゃん。そっちの方が楽しくない?」

 地面に倒れ、涙目になった状態では、とてもサマにならない言葉だったけど、それでも笑顔で答えた。

「笑顔……楽しい……。それが、あなたの夢……?」
「夢……? 夢なのかなぁ、これって……。でもまあ、そうかも。少なくともいまの目標は、みんなで楽しく学園生活を送ることっ! かな」
「そう……」

 少女が、コクリと頷く。いまの答えで納得してくれたんだろうか。
 というか、いま何時だろう? 入学式には余裕で間に合うと思うけど。
 起き上りつつ、ポケットから『ピーコン』を取り出し、時間を確認する。
 ピーコンとは、カードサイズほどの情報端末で、ひと昔前のスマホに代わるウェアラブルコンピューターだった。正式名称を『PD(プロフィタブル・デバイス)』といい、愛称は『ピーコン』。PDの『P』と、コンピューターの『コン』を合わせたものだ。
 まあちの入る学校では、あらかじめ専用のピーコンを生徒全員に配布しており、その真新しいピーコンの画面を見た突端、まあちから悲痛な声が上がった。

「ああ……やっちゃったぁ……」

 液晶画面に、ピシリと入った亀裂。どうやら転んだ拍子に、ぶつけたらしい。

「どうしよう、これ……きっと先生に怒られちゃうよね……」
「貸して……」

 言って、少女がまあちの手からピーコンを抜き取った。

 「え?」と顔を上げるまあちに背を向け、何かをし始める。
 きっちり三〇秒経ってから振り返ると、手には新品同然のピーコンがあった。

「え、ええええ!? どうやったの、これ!?」
「直した」
「な、直したって……」

 ピーコンを受け取りつつ、画面を見る。さきほどの亀裂が、跡形もなく消えていた。
 ど、どうやったんだろう、これ……。
 頭に、でっかいはてなマークを浮かべつつも、とりあえず感謝を述べた。

「とにかくありがとう。助かったよ」
「さっきのお礼……」
「さっき?」
「答えてくれたのは、あなたが初めて……」

 たぶん、さきほどの夢の質問のことだろう。
 確かに突然あんなことを尋ねられても、普通は答えないと思う。

「えっと、それであなたは……」
「レイ……」
「レイちゃんね。私は、七星まあち。よろしく! ……で、レイちゃん、学校には行かなくていいの? 良かったら一緒に行かない?」

 レイは、応えなかった。また、ぼうっと桜の観察を始める。
 いくら話しかけても返事がないので、まあちは仕方なくその場を後にした。
 とても印象的な子だった。その容姿も、行動も、全てが。
 また会えるかな? なんてことを、歩きながら思った。
 ふと歩道脇の案内標識が目に入った。『本校舎』と記され、矢印で方角が示されている。
 だが、標識に記された距離は、『1km』。

「一キロ!? はぁぁ……まだそんなにあるのか。この学校、なんでこんなに広いんだろう……」

 私立聖陽せいよう女子学園の広い敷地を眺めながら、まあちは校舎へと歩いていった。


著者:金田一秋良
イラスト:射尾卓弥


次回1月18日(水)更新予定


第2回 →

〈作品ページ〉


©サンライズ
©創通・サンライズ