サン娘 ~Girl's Battle Bootlog【第3回】

← 前作品ページ次 →


第一章③

 まあちは、栞を探して走っていた。

(どこ行っちゃったんだろう……)

 去り際の栞の顔が、頭から離れない。とても悲しげで、寂しそうで。
 あのまま行かせるべきじゃなかった。自分の不甲斐なさに腹が立ってくる。

(あのときだって……)

 そう。あのとき。私を見る、『あの子』の目。
 まるで裏切られたというように、怒りとも哀しみともつかない目で、私を……。
 一瞬、古い記憶が蘇りかけ、胸がズキンと痛む。

(……いけないいけない。今は栞ちゃんを探さないと)

 頭を振って、思考を切り替える。
 栞がどこへ行ったかわからなかったが、走ればきっと追いつくはず。
 だが走るその足が、ピタリと止まった。

(何……あれ……)

 栞を探すことすら一瞬忘れて、目の前の光景に見入った。
 校内の喫茶店の一つだった。オシャレなカフェテラスがあり、生徒たちが放課後のひと時を楽しんでいる。
 その中に、異様な物体が浮いていた。
 大きさは約五〇センチほどだろうか。黒い直方体がいくつも合わさったような形をしており、不規則にサイズを変えながらうごめいていた。少なくとも生き物には見えない。コンピューターウイルスが現実に現れると、ちょうどあんな姿になるのではと思わせるような物体だった。
 細部に目を凝らそうとするも、全身から黒いモヤを放っており、全体像がハッキリしない。
 だが、奇妙なのはそれだけじゃなかった。

(みんなには、見えてないの……?)

 カフェにいる生徒たちは誰一人、黒い直方体には目を向けようとしなかった。
 まるで目に入っていないかのように、友人との会話を続けている。
 やがて、黒い直方体の一面が開くと、中からケーブルのようなものが何本も飛び出した。ケーブル群が伸び、店内のあちこちにピタリと先端をつける。
 途端に、店内に異変が起こった。

「っ?! な、なにこれ!」
「ちょ、ちょっとどうしたのよ!」

 店内のライトが激しく明滅し、カウンターに設置されたメニューパネルが、意味不明な映像を映し出す。厨房内では、各調理設備が狂ったように無軌道な動作を始めていた。
 当然、店内はパニックになった。
 どう見ても、あの黒い直方体の仕業に違いなかった。

(な、なんなの、あれ……)

 あちこちから生徒たちの狼狽する声が聞こえてくる。
 理由はわからないけど、見えているのは自分だけらしい。
 なら、どうにか出来るのも自分一人だけだった。

(と、とにかく、なんとかしなくっちゃ!)

 臆する心を抑え、一歩踏み出した途端、唐突にライトの明滅が止まった。
 ケーブルが壁から離れ、黒い直方体の中へ戻っていくのと同時に、機械トラブルも収まる。
 生徒たちは怯えた様子で、「な、なんだったの今の」「さ、さぁ」などと言い合っていた。
 よくわからないが、どうやら直方体が活動を止めた?らしい。

(よ、良かった……)

 ほっと胸をなで下ろす。
 でも……なんで突然、止まったんだろう?
 再び直方体を見る。その身体の向きが、さっきと変わっていた。正面らしき一面が、こっちに向けられている。目はなかったが、あったとすれば睨むような瞳が見えたかもしれない。

(も、もしかして……)

 嫌な考えが頭をよぎる。
 それが正解だとでもいうように、次の瞬間。
 直方体が猛スピードでまあちの方へ飛んで来た。

「や、やっぱり!?」

 猛然と走り出す。黒い直方体が、負けじと追いかけてくる。

(な、なんで私の方に来るの!?)

 捕まらないよう全力で足を動かす。捕まったら、ただじゃすまない気がした。
 だが混乱する頭と違って、手足はスムーズに動いた。これでも走りには自信がある。アップもなしに全力で走るのは少し不安だったが、今はそんなこと言っていられる場合じゃない。
 幸いにも、まあちの足の方が速かったようで、少しずつ直方体が離れていった。ひと気のない教育棟の裏側に走り込み、直方体の視線が遮られた隙に、非常階段の隙間へ身を隠した。
 幸い直方体は気づかなかったようで、すぐそばを通り過ぎていった。

「はぁ……か、間一髪だったぁ……」

 その場にへたり込む。

「大丈夫……?」

 突然、誰かの声がした。
 慌てて振り返ると、そこに一人の少女が立っていた。
 今朝出会った女の子、レイだった。

「れ、レイちゃん!?」
「大丈夫……?」

 驚きに目を丸くするまあちに、同じ質問を繰り返した。

「あ、うん。大丈夫大丈夫。具合が悪いとかじゃないから。……って、そうだ! ここから離れないと! レイちゃんも、今すぐどこかに行った方がいいよ。もしかしたら見えないかもしれないけど、このあたりに変な黒いオバケみたいなのがいるから!」
「オバケ……?」
「そう!」
「オバケじゃない……あれは『フラクチャー』」
「ふらくちゃー……?」
「それに、もう遅い。すぐそこまで来てる……」

 レイが目を向けた先、そこには再びあの直方体――フラクチャーが浮いていた。

「ま、また!?」

 慌てて立ち上がり、非常階段から出る。
 レイは動かなかった。いつものぼうっとした眼差しで、フラクチャーを眺めている。
 フラクチャーが、その一面を大きく開き、まるで獲物を食らうように巨大な口を開けて襲い掛かって来た。まあちではなく、レイ目がけて。
 だ、ダメ……!
 瞬間、身体が動いていた。レイの前に出て、その身を庇うように、両手を左右に突き出す。
 眼前には巨大な口。漆黒のあぎとが、全てを呑み込まんと視界いっぱいに広がり――

「っ!」

 恐怖に目をつぶった、その瞬間。
 突然、頭に電子ボイスが響いてきた。

「――SUN―DRIVE起動。機装化アクティベイト――」

 ボイス音と同時に、まあちのピーコンが激しく発光した。
 光と同時に、奇妙な酩酊感がまあちを包んだ。平衡感覚が狂い、上下左右が目まぐるしく入れ替われるような感覚。嵐に翻弄される小舟のように、意識が振り回される。
 時間にすれば一秒にも満たない数瞬。その感覚が収まったとき――
 ガン!
 すぐそばから、重い金属音が響いてきた。

「……?」

 恐る恐る目を開けると、思わず呆気にとられた。
 まあちの隣に、巨大な鉄塊が浮いていた。
 それは、どこからどう見ても『腕』だった。
 まあちの身体ほどのサイズもある巨大な腕。
 蒼く染まった鋼鉄の腕が拳を握り、まあちの右脇から前方へ突き出されていた。

「な、何これ……」

 信じられないものを見る目で『腕』を見る。

「rrrrrrrrrrrrrrr!」

 フラクチャーが、うなるような電子音を鳴らした。崩れた建物の外壁に、埋もれる形でうずくまっている。状況を見るに、どうやら『腕』に殴り飛ばされ、激突したらしい。

(ど、どうなってるの、これ……)

 異常は、それだけじゃなかった。すぐ近くにいたはずのレイがいない。
 見回すも、この場にいるのは、自分と、あのフラクチャーだけだ。

「rrrrrrrrrrrrr!!」

 混乱するまあちに構うことなく、フラクチャーが再び浮き上がった。
 身震いし、より獰猛さを増した唸り声を上げる。敵意は少しも衰えていない。

(そ、そうだ。まずは、これをどうにかしないと)

 湧き上がる疑問を抑えつけ、目の前の危機に集中する。
 チラリと脇へ目をやる。空中に浮かぶ『腕』。まあちの肩の上に浮いた、直径二〇センチほどのポッドから出現していた。反対側を見ると、もう一つ。左右合わせて、計二つのポッドがあった。
 じっとその姿を眺めていると、不意に四角いウィンドウが空中に出現した。
 画面内には、ポッドと『腕』の画像が表示されており、それぞれ<エッグ>と<デュエルアーム>という名称が示されていた。

(エッグ? デュエルアーム? これが名前なの?)

 わからないことだらけだったが、少なくともこの『腕』――Dアームは、さっき自分を守ってくれたように思う。
 なら、これがあれば自分の身を護ることぐらいはできるかもしれない。
 そう考えたのもつかの間。
 Dアームは、役目を終えたようにエッグの中へ収納されてしまった。

「ええ!? そんなぁ!」

 心の寄る辺が消えたことで、一気にパニックに陥る。
 恐る恐るフラクチャーへ視線を移す。じっとこちらをうかがっていたフラクチャーと目が合った気がした。
 フラクチャーは一度身じろぎすると、今がチャンスだとばかりに突進してきた。

「いやああああああああっ!」

 なんとか避けようと地面を蹴った。ぐんという加速。予想した何倍もの速さで身体が動き、突進してきたフラクチャーを楽々とかわした。
 標的によけられたフラクチャーは、そのまま非常階段へ衝突。金属製の手すりの間に身体が挟まり、身動きが取れなくなる。

(危なかったぁ……。ってそれより、いま、急に身体が軽くなって……)

 フラクチャーを警戒しつつ、自分の掌を握ったり開いたりした。試しに軽くジャンプしてみると、普段の二、三倍の高さへ軽々と舞った。本気を出せば、建物の二階ぐらいは、ひとっ飛びで辿りつけるかもしれない。
 そしてそこで、始めて自分を包む服装に気付いた。

「な、何これ!」

 今まで着ていた制服がどこにもない。代わりに、ピッチリとした青い布地だけがあった。胴体部分しかない極端に少ない布面積。それを一言で表すとこうなる。
 スクール水着。
 というか、スク水まんまだった。おまけに、胸についた白い名札には丁寧に「まあち」とまで書かれている。さらにマニアックなことに、手には二の腕まで伸びる白手袋と、足には白のニーソックス。額には、透明な薄緑のバイザーが装着されていた。

「い、いつの間にこんな格好に……」

 思考を巡らしているうちに、フラクチャーが手すりを抜け、再び浮き上がった。
 三度目の対峙。だが、さきほどまでのような恐怖は感じなかった。
 むしろ胸の内から不思議な自信が湧き上がってくる。

(もしかして……このまま倒せる?)

 ここで逃げたとしても、また遭遇する可能性は0じゃない。何より放っておけば、あの喫茶店で起こったようなトラブルを発生させるかもしれない。なら、このまま見過ごすことなんてできなかった。

(倒せない……としても、なんとか止めないと!)

 覚悟を決め、フラクチャーに向かい腰を落とし構える。
 その攻撃の意思を読み取ったのか、フラクチャーが再度迫ってきた。つるりとした表面に殺気すら漂わせて。
 何ができるかわからない。どうしていいかもわからない。
 だから、まあちは強く念じた。

(お願い……止まって!)

 瞬間、エッグが震えた。まあちの想いを受け取ったようにエッグが開く。たちまち鋼鉄の腕、Dアームが飛び出す。その手には、先ほどまではなかった物が握られていた。
 細長く伸びた灰色の鉄の塊。それは『ライフル』だった。
 眼前にウィンドウが出現し、その名称を表示する。まあちは、すかさずその名を叫んだ。

「れ、レーザードライフルっ!」

 引き金が引かれ、銃口から光弾が放たれる。高熱の光が伸び、フラクチャーを貫いた。

「guoooooooooooooo!」

 中心を穿たれたフラクチャーは、断末魔の如き慟哭を上げた。
 身体中に亀裂が入り、爆散するように身体を弾けさせると、たちまち中空へ霧散した。
 静寂が訪れる。

(や、やったの? 私が……)

 戦いの終わりを告げるように、ウィンドウが再び現れた。
 画面には、ひと言こう表示されていた。

『レイズナー_SPT-LZ-00X』。


著者:金田一秋良
イラスト:射尾卓弥


次回2月1日(水)更新予定


← 前作品ページ次 →


©サンライズ
©創通・サンライズ


関連作品

カテゴリ