【作品紹介】装甲騎兵ボトムズ 鉄騎兵堕ちる

鉄騎兵堕ちる

目次

(毎週水曜更新予定)

⇒ 装甲騎兵ボトムズ 絢爛たる葬列

キャラクター紹介

ボジル・ドン・ハリバートン(フィロー)

元ギルガメス連合軍の軍人で、現在はフリーランスの傭兵として戦場を渡り歩くボトムズ乗り。「フィロー」という愛称で呼ばれている。

メカ紹介

AT TRANSPORTERAT TRANSPORTER

 

ボトムズ
ATM-09-BTC BLOOD SETTER WITH PAINFUL STETHOSCOPE
痛い聴診器

アボルガ王国を離脱した後、クライアントからギャラの支払いはあったものの次なる明確な指令のないままフィローはブラッドセッターとともに惑星パルミスを流れていた。
百年戦争が集結したとはいえ、依然として混迷状態が続くパルミスで傭兵の仕事を探す事は難しいことではなかったが、フィローが選んだのはバトリングへの参加だった。
クライアントにも何らかの目論見があってのことだろうが、幸いにしてブラッドセッター返却は求められなかった。その為、フィロー自らの手によってバトリング仕様への改装を施されたブラッドセッターの、新たな姿が本機である。

 


著者:高橋良輔
メカニカルデザイン:大河原邦男
イラスト:しらゆき


『装甲騎兵ボトムズ 戦場の哲学者』好評発売中!

戦場の哲学者


関連コンテンツ

カテゴリ