【第02回】魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸

魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸

← 前作品ページ次 →


第1話「またまた、帰ってきた救世主!」Bパート

「いけぇい、バトルゴリラ100ワンハンドレッド! スペシャルマグナム、オン!!!」

 ぐぁ~! しまった……バトルゴリラが撃ってきた弾丸が、龍神丸に当たっちゃった!

「ぶはははは! いいぞ、いいぞ、お・れ・さ・まっ!」
「龍神丸、大丈夫!?」
「あぁ……問題ないっ! だが、ヤツは思った以上にパワーアップしているようだ」
「ようやくわかったようだな! 俺様のバトルゴリラ100ワンハンドレッドはこのスペシャルマグナムを100発も自動で撃てるようになったのだ……もはや弱点など、どこにもないないっ!!!」

 よし……だったら今度は、こっちからやってやる!!!

「龍神丸、龍牙拳だっ!」
「おうっ!!!」

 龍神丸の両肩に付いていた爪が、バトルゴリラに向かって一直線に飛んで行く!

「スペシャルマグナム、10連発ぅ~~~~~!」

 そんな! 龍牙拳が、撃ち落されちゃった!

「ぶはははは! 弾ならいくらでもあるんだよ~だ!」

 くっそ~、まだまだ余裕ってわけか……

「キャハハハハ! おやつの時間だよ~!」

 ヒミコ! 今は戦いのまっ最中だぞっ!?

「ヒミコミコミコヒミコミコ……忍法、きなこもちもちの術~っ!」

 ヒミコがバトルゴリラに向かって巨大な「きなこ餅」を投げつけた!

「そーれ、もちぺったーん!!!」
「バトルゴリラ100ワンハンドレッド、食べちゃいなさーい!」

 パクッ! あちゃ~、バトルゴリラに餅を食われちゃったよ~……

EXマン,魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸


「今回の忍法は……東京都杉並区のユースケさんから頂きました! 甘くておいしいアイデア、サンキューベリーマッチ!」

魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸,EXマン


「モチうまい?」
「ぶはははは! バカめ、バトルゴリラ100ワンハンドレッドのちょうどいい腹ごしらえになっただけではないか!」

 まったく、もう少し役に立ちそうな忍術を使ってくれよな、ヒミコ……

「ワタル、あれを見ろ!」
「どうしたんだ、龍神丸?」

 見ると、バトルゴリラがなんだか苦しそうにしてるじゃないか。

「どうやら、モチを詰まらせたようだ!」

 そうか、ヒミコのきなこモチがでかすぎたんだ。

「な~にやってんだ、バトルゴリラ100ワンハンドレッド! スペシャルマグナム10連発で龍神丸に止めを刺せっ!」

 プス……プス……どうやら弾も出てこないみたいだぞ!

「ゲゲッ! うそ~ん、おもちで弾丸までジャムっちゃったみたい~!」

 バトルゴリラは詰まったモチを出そうと必死にもがいてる。

「今だ、ワタル!」
「龍神丸!」

 ぼくは頭上に勇者の剣を掲げた!

「必殺、登龍剣 ――――――っ!!!」

 龍神丸がぼくと一緒に剣を振り下ろして、バトルゴリラ100ワンハンドレッドを真っ二つに斬り裂いた!

「アイル・ビー・バーーーーック!!!!」

 よし! バトルゴリラもろとも、シュワルビネガーをやっつけたぞ!

「ねぇ、龍神丸。アイル・ビー・バックってどういう意味?」
「さぁ? 初めて聞く言葉だな……」

EXマン,魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸


 戦いが終わって、ようやくシュワルビネガーが目を覚ました。

「あれ? 俺様は!?」
「ねぇシュワルビネガー、どうしてまたあんなことをしたのさ?」
「俺様はいつものように山で筋トレをしてたら突然、黒い霧に包まれちまって……」

 シュワルビネガーの表情が見る見るうちに青ざめていく。

「あの霧の中で、なにかに出会ったんだよ!」
「黒い霧の中に、誰かいたの!?」
「わからねぇ……ただあの恐ろしい声を聞いてから、俺の心の中にあった『暴れたい!』ってどんどんデカくなっちまったんだ」
「声って、いったいどんな?」
「たしか『ズダー』と言っていたような」
「ズダー……?」

 シュワルビネガーはその単語を聞いただけで、両肩を抱えてブルブルと震え始めた。
 これは、よほど恐ろしい『なにか』に出会ってしまったに違いない。

「オババ、ぼくは今すぐ創界山へ行ってくるよ。これ以上、黒い霧を放っておいたら大変なことになっちゃいそうだからね」
「ワタル……お前にはいつも苦労をかけてしまって、すまんのう」
「いいんだよ、ぼくは『救世主』なんだからっ!」

 大丈夫さ、龍神丸と一緒ならどんなヤツが相手だって勝ってみせる!

「ワタルよ、旅立つ前にひとつだけ準備をしておくといい」
「いったい何をすればいいの?」
「ここから東へしばらく行ったところに、聖なる泉が湧くシュワワ村がある。そこで聖水を手に入れておけば、きっとここから先のお前たちを守ってくれるはずじゃ」

 オババはいつになく真剣な表情で、ぼくらを見つめていた。

「わかったよ、まずはみんなでシュワワ村に行ってくるね!」
「キャハハハハ! シュワシュワワ~!!!」
「ねぇ、ワタルちゃ~ん……その前に、ミヤモト村のケータイ屋に寄らせてほしいなぁ~!」

 あはは……相変わらず、賑やかな冒険になりそうだぜ。

「それじゃモンジャ村のみんな、行ってくるよ!」

 モンジャ村の人たちは、笑顔でぼくらを送り出してくれた。
 みんなを助けるためにも、必ず創界山の黒い霧の原因を調べてみせる。
 たとえそれが、どんなに危険な冒険になったとしても……!

(つづく)


← 前作品ページ次 →


著者:小山 真


次回4月17日更新予定


©サンライズ・R


関連コンテンツ


【第018回】フレフレ!霧雨アンダーテイカー ▶

◀ 【第02回】“アンチ天才”のボトムズ流仕事術

カテゴリ