【第33回】魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸

魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸

← 前作品ページ次 →


「ぼくはドロロンパの用意した恐ろしいサプライズを前に、心がくじけそうになっていた。だけどその時、ヒミコたちの明るい声が聞こえてきて、ぼくは再び立ち上がることが出来たんだ。逃げずに恐怖へ立ち向かったぼくの心に、龍神丸の欠片が反応して『幻龍丸』が出現! 幻龍丸と一緒にドロロンパをやっつけて、ゴーストタウンに平和を取り戻した。それからぼくたちは四つ目の龍神丸の欠片を求めて、また次の世界に向けて旅立ったんだ。ハッキシ言って、今日もおもしろカッコいいぜ!」

第17話「ワォ~ンと到着! アニマランド」Aパート


 新しい世界に到着してから、ぼくたちは白く輝く砂浜の上を歩いていた。

「キャハハハ! う~み~は~ひろい~な~!!!」

 透き通るエメラルドグリーンの海を前にして、ヒミコはいつも以上に楽しそうだ。
 一方の虎王とシバラク先生は、キョロキョロとあたりの様子を見回しながら、歩いている。

「それにしても、人がおらんのう」
「もしかして、ここは無人島なのか?」

 そんな中、ぼくはひとりモヤモヤしていた。

 ――ザザーン……ザザーン……

 砂浜を叩く波の音が、いつもより大きく聞こえる気がする。
 吹き抜けるさわやかな潮風が全身の毛を優しく揺らす。
 鼻先は潮の香りに反応して、ピクピクと動いてしまう。
 せっかくこんな楽園みたいなところに来たのに、どうしてこんなことに……

「ワータル~っ!!!」

 ヒミコがいきなりぼくの背中に飛びついてきた。

「ちょっと、ヒミコ!」
「うっひゃひゃ、モフモフなのだ~!」
「はぁ~……」

 先生と虎王は大きなため息をついたぼくを見て、苦笑いを浮かべている。

「ヒミコが飛びつくのも無理はないぞ。拙者が見ても気持ちがよさそうじゃ」
「コウモリの次は、オオカミだなんてな」

 そう、虎王の言う通り。ぼくはこの世界に来たらオオカミの姿になっていた。
 ピンと尖った耳に、鋭く伸びた口。全身は柔らかい真っ白な毛に覆われていて、お尻には立派な尻尾が揺れている。
 そういえば、前にも創界山で犬の姿になったことがあったっけ。

 ――クン、クン、クンッ……

「あれ?」

 どこからか、潮の香りに混じってまるでゴムを焼いたようなニオイがやってきた。他にもガソリンみたいなニオイも……
 ぼくが鼻をピクピクさせているのに気が付き、虎王が声をかけてきた。

「どうしたんだ、ワタル?」
「いや、なんか変なニオイがしてさ」
「変なニオイじゃと? 拙者には、な~んにも感じんぞ?」

 シバラク先生が一生懸命、ニオイを嗅ぎ回る。

「あれ? ホント?」
「もしかすると、オオカミになったおかげでワタルの鼻が強くなったのかもしれないな」

 言われてみると、全身の感覚が鋭くなったような……

「他にはなにか感じないのか?」

 虎王に言われて、ぼくはジッと耳を澄ませた。

……遠くの方で地面を叩くような音が聞こえる。このジャングルの奥だよ!」
「ってことは、そこに誰かいるんだな!」
「龍神丸の欠片を探す手掛かりが、見つかるかもしれんぞっ!」
「わかった。ぼくについて来て!」

 みんなを連れて、ぼくはニオイと音のする方へ歩き出した。
 生い茂った草をかき分けながら、奥へ奥へと進んでいく。
 進むにつれて、明らかにさっきのニオイと音が強くなってくる。

「ありゃま? なんか、クサイのだ~!」
「これがワタルの言ってたニオイか」
「たしかに地鳴りのような音もするではないか!」
「あれは……っ!」

 ぼくたちはジャングルの奥に広がる工事現場にたどり着いた。
 そこではヘルメットをした大勢のブリキントンたちが、砂袋を担いでドカドカと走り回っていた。
 何台もの大きな工事用重機が樹齢何千年といった感じの立派な木をなぎ倒し、地面にコンクリートを敷き詰めている。
 シバラク先生が工事現場を見つめながら、ポツリと声を漏らす。

「かような美しい所に、なんとひどいことを……」

 ぼくがその光景から目を離せないでいると、虎王が冷静に声をかけてきた。

「とにかく、誰かに話を聞いてみようぜ」
「……そうだね」

 ぼくたちが作業をしているブリキントンたちに近づこうとしたその時――

『ドケドケドケ~!!!』

 突然聞こえてきたかん高い大声に、ぼくたちはハッとなった。
 振り向くと、真横から真っ黒なダンプカーのような魔神が大きなエンジン音を轟かせながら、ぼくたちに向かって突進してくる!

「みんな、よけて!」

 咄嗟に分かれたぼくたちの間を、魔神が猛スピードで通り抜けていく。

「いきなりなんだってんだよ!」
「工事は安全第一じゃぞ!」
「もう! 気を付けてよね!」

 ぼくたちの文句が聞こえたのか、ダンプカーのような魔神は急停止して、こっちを向いた。

『バブ~、どうりでケモノくちゃいと思ったら……やっぱり獣人がいたんでちゅね!』
「え? 獣人?」
『とぼけるなでちゅ! モフモフの白いオオカミ、貴様のことでちゅ!!!』
「そっか……この姿は獣人って言うのか」
『なにをぶつぶつ言ってるんでちゅか!? 工事現場に立ち入った獣人は、ボクちゃんが許ちまちぇんよ!』

 ――ブルンッ! ブルルンッ!!

 ブルコンボスは背中にある排気管から真っ黒な排気ガスを噴き出し、大きなエンジン音を轟かせた。
 緊張した虎王の声が、ぼくのところに飛んでくる。

「気をつけろ、ワタル!」

 アイツの狙いはぼくみたいだ。
 それなら、みんなを巻き込むわけにはいかない。

「アイツはぼくが引き付けるよ。虎王たちはその間に逃げて!」

 ぼくはブルコンボスにおしりを向け、ノリノリで挑発した。

「や~い! そんなに獣人が嫌いなら、ぼくを捕まえてみろ! おしりぺんぺ~んだ!」
『バブゥ!? 獣人ごときが生意気でちゅよー!!!』

 狙い通り、ブルコンボスは急発進してぼくに向かってきた。
 よし、あとは少しでも遠くまで逃げるだけだ!
 思い切って駆け出してみたら、ぼくの足がぐんぐん前に進んでいく。
 気が付いた時には、自分でも信じられないスピードで走っていたんだ。

「すっげぇ~! オオカミの足って、こんなに速いの!?」

 周りの景色がビックリするくらいのスピードで流れていく。

「ワォォォォーン! 気持ちいい~!!!」

 これなら、ブルコンボスだって追い付けないんじゃ……

「って、ひええええ~!?」

 振り返ったら、ブルコンボスはぼくの後ろに迫っていた。

『バブバブバブ! ぺちゃんこにちてあげまちゅよ~!!!』
「あわわわわ……!!!」

 ぼくがもうダメかと思ったその時――

「こっちだ!」

 大きな声に向くと、ジャングルに生えた大木の陰からグレーの毛色をしたネコの少年が手を上げて……って、ネコぉ!?

「そのまま走って、木の陰に飛びこめ!」
「……わかった!」

 ぼくは言われるがまま、大木の陰に飛び込んだ。

『魔神は急に止まれないでちゅうううう~…………』

 ぼくの姿を見失ったブルコンボスは、体をよじって大木をギリギリかわすと、そのまま森の奥へと走り去っていく。

「大丈夫か?」

 さっきのネコの少年がぼくを引き起こしてくれた。

「ありがとう……」
「オイラはココ。キミは?」
「ぼくは、戦部いくさべワタル」
「ワタル? 珍しい名前だな……って、話はあとだ! アイツが戻ってくる前にオイラの村まで行こう!」
「う、うん!」

 ぼくは別れた虎王たちのことが気になりつつも、ココについて行くことにした。

EXマン,魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸


「着いたぞ、ワタル」 

 ぼくはココと一緒に、ジャングルの奥に広がる小さな村へやって来た。
 キレイな水が流れる川のそばに、緑や黄色のカラフルな丸い家がいくつも並んでいて、とってもかわいらしい雰囲気だ。

「みんな、ただいま!」

 ココが元気な声を上げると、色んな種類の獣人たちが次々と家から出てきた。

「ココ、おかえりなさい!」

 白ネコの姿をした小さな女の子が、嬉しそうにココの足元へ抱きつく。

「プルル、ちゃんといい子にしてたか?」
「うん! 今日はおかあさんと一緒に、おいしいバナナをた~くさんをとって来たよ!」
「そうか、偉かったな!」

 ココに頭を撫でられ、プルルは嬉しそうに微笑んだ。
 他にも周りにいる村のみんなのあたたかい表情を見れば、ココがこの村でどれほど信頼されているのかが分かる。
 その中の杖を突いたタヌキのおじいさんが、ぼくたちの前までやってきた。

「ココ、その少年は?」
「紹介するよ、ワタルだ!」
「どうも、はじめまして」

 挨拶したぼくに、みんなの優しい視線が向けられる。

「森の中で人間に襲われてたんだ。この村で受け入れてやってくれ!」
「ああ、もちろん歓迎するよ」
「自分の村だと思って、のんびりしてくれ」
「お兄ちゃん、あとで一緒に遊ぼうね!」

 ココの言葉にタヌキのおじいさんだけでなく、村の獣人たちはみんな、ぼくを笑顔で迎え入れてくれた。 

「ワタル、オイラが村を案内するよ!」

 ココは耳をピクピクさせながら、楽しそうに微笑んだ。

EXマン,魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸


 それからぼくは、ココから色々な話を聞いた。
 ここは『アニマランド』という、獣人たちが暮らす島だったんだ。
 獣人たちの考えでは、『自分たちは島の自然に生かされている。だから必要以上のものは使わないし、壊さない決まり』らしい。

「森はいい匂いだし、涼しい木陰で昼寝もできる。大地と水からの恵みもたくさんあって、本当にこの島はいいところだよな。オイラ、大好きさ」

 ココの言う通り、この村の獣人たちはすべて海や森、川にあるものだけを使った質素な生活をしていた。
 電気やガスもないし、ぼくには少し不便にも見えたけど、もしかしたらこれが自然と一緒に生きていくってことなのかもしれない。

「人間さえ来なければ、この島は美しいままだったんだ!」

 ココの表情にはさっきまでの優しさが消え、憎しみが滲んでいた。

(つづく)


← 前作品ページ次 →


著者:小山 真


次回4月9日更新予定


©サンライズ・R


関連コンテンツ


【第67回】MIKA AKITAKA'S MS少女NOTE【書籍化企画・制作進行中!】 ▶

◀ 【第115話】ベルコ☆トラベル【最終回】

カテゴリ