【作品紹介】WAR TIME SHOW ~戦場のエクエス

目次

第1部

あらすじ

世界は永遠の戦争に包まれていた――M.C.127年、重戦車や装甲兵の砲撃のなかを騎士型兵器エクエスが駆け抜ける。地球上の戦争はすべて月に捧げられたショー、WAR TIME SHOW ウォータイムショーなのだ。月面人たちは、戦闘の勝敗も生死も賭けの対象にして日々を楽しんでいる。
謎の高性能自律型エクエス〈ディーテ〉を駆る若き天才パイロット、レオンは仲間たちを救うために。野心あふれるプロデューサー、アルベドは月世界での出世のために。彼らを支える美少女エンジニア、ネレディは真実を求めて。WTS(ウォータイムショー)は、あらゆる人々の思いを巻き込みながら今日も開催される。

キャラクター


レオン

16歳。WTSプロデューサーのアルベドに自分を売り込みデビューして以降、パイロットとして雇われている少年。女性と見紛うルックスと卓越した操縦技術、そして持参の愛機エクエス「ディーテ」の強さによってWTSファンから高い人気を得ている。
敵に対しては容赦無いが、非戦闘員もしくは戦意喪失したものに対しては温情をかける事も。又、一般市民に対しては率先して守ろうとする。
その為、戦闘においてアルベドのシナリオを逸脱する事もしばしば。
しかしその結果、懸け金の総額も跳ね上がりアルベドたちの利益も上がるのでアルベドも厳しく出る事が出来ない。

その正体は約100年前、火星で開発された戦闘兵器「エクエス・ディーテ」の搭乗員として育成された兵士であり、転送に耐えられるようメタマテリアルで再構成された人間。
オリジナルの肉体は既に消滅している。
散り散りになった仲間を探し、月管理局打倒の任務を果たす為にアルベドの下でWTSに参加し手かがかりを探っている。

アルベド・ウィンザー

27歳。コンダクターの一人。
月の下層都市の一部エリアを管理するのが本来の仕事だが、現在では傭兵の斡旋業とWTS企画プロデュースが本業になっている。
とはいえコンダクターでも下級の彼は、WTSの中でもメイン戦場ではない、小規模な局地戦を取り仕切りがほとんど。
しかしレオンを迎え入れた事で、WTS業界でのし上がっていく事となる。
元々は宇宙民の中でも下級層の生まれで、アルベドが幼い頃に父親はコンダクターを目指すため家庭を捨て、その数年後には反リージョン主義の母親とも決裂している。
彼もまた上昇志向は強く、目的のためなら手段を選ばず、ショーを盛り上げるためならば民間人はおろかレオンすら犠牲にする事も厭わない。
しかし、次第に彼の中にも変化が訪れ、レオンとは奇妙な信頼感で結ばれる事となっていく。
やがてコンダクターの中でも「トップ」と呼ばれる特権階級の末席に身を置く事となる。

ネレディ・睦月・ユイリン

18歳(自称)。アルベドに雇われている少女。
トレードマークの大雑把に纏めただけの髪、分厚い眼鏡。
機能性重視のファッションに身を包みWTS脚本補佐・演出補佐・メカニック・事務員と多くの仕事をこなす。
アルベド曰く「色気は無いけど優秀なヤツ」
しかしその正体はレオン同様、火星から転送されてきた兵士。
当時、火星の切り札として開発された転送兵器の要であるが故に、彼女の存在は秘匿されており、エクエス・ディーテのデータベースにも記録されていない。
しかしレオンは幼い頃の彼女と出会っているらしい。
ただし、レオンより先にこの世界へやってきた為、レオンは彼女が誰だか分からない。

ディーテ

レオンが搭乗する機動兵器「エクエス・ディーテ」に搭載される制御知能。
あらゆる状況でレオンをサポートする。
少女を模したホログラフィを伴いコクピット内に現れる他、転送システム技術の応用により、実体化する事も可能。

メカ

エルダー・エクエス 04 ディーテ

全高:12メートル
主人公レオンが搭乗する100年前に火星で開発された高速機動戦闘用HT(ニューマンタイプ)エクエス。
超高速物質転送技術「パンドラ・システム」正式にはPM-DR(Photonic Materialization - DriveR/光子制御式物質実体化装置)を搭載した超兵器。
本来は外惑星探査とテラフォーミングの為に開発されたマシンだが、火星大戦が勃発したことにより戦闘兵器として転用された。
本機の他にも9機のエルダー・エクエスが存在しているらしい。

スタッフ

著者:高島雄哉

作家「ランドスケープと夏の定理」(第5回創元SF短編賞受賞。Kindle等で電子書籍化)、「わたしを数える」(第1回星新一賞入選。『折り紙衛星の伝説 年刊日本SF傑作選』所収)。Webミステリーズ!にて取材エッセイ『想像力のパルタージュ』連載中。SFマガジンcakes版にて『世界を設定する』連載。
矢立文庫にて『エンタングル:ガール 舞浜南高校映画研究部』連載。
設定考証『ゼーガペインADP』『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』『ブルバスター』など。
Twitter@7u7a_TAKASHIMA

キャラクターデザイン・挿絵:凌空りくりん

アニメーター。
サンライズ・BNP作品を中心に活躍する野生児!
常に鉛筆をナイフで削る豪傑!(本人談)

メカデザイン:瀧川虚至 Kyoshi Takigawa

コミックに登場するメカやプラモデルのデザインコンセプトなど多方面で活躍するメカニックデザイナー。SBクリエイティブ刊「マスターアーカイブ」シリーズのメインデザイナーであり、その精確で緻密な描写には定評がある。そのほか「機動戦士Zガンダム Define」メカニックデザインを担当。

メカデザイン・挿絵:シラユキー Thillayuki

SBクリエイティブ刊「マスターファイル」シリーズなどで活躍する漫画家・イラストレーター。装甲騎兵ボトムズ外伝「戦場の哲学者」ではキャラクターデザイン、メカニックデザイン、挿絵とマルチに才能を発揮。SAFE LISTEING(セーフリスニング)イメージキャラクターなども手がける。


あわせて読みたいコンテンツ

カテゴリ